寄り道したっていいじゃない

人生の寄り道って、不安だけど面白い。

AI時代を生きていくキーワード「考える」

やはり"考えること"は大事で尊い



AI(人工知能)の普及により、

私たち人間の仕事がなくなるのでは!?

と叫ばれている昨今。


それに対して、悲観的になるのではなく、

共に生き、成長していこうと前向きに捉えた特集がMORE4月号にあったわ。



AIは「0から1を生み出すことができない。命令に従ってそれを間違いなく遂行する」。

現段階では、そのような説明になっている。(今後成長を遂げる可能性が大いにあるからこんな言い方してるのよ)


つまり、Excel的な働きをしてくれる。


「これの答えだして」

「こうやっておいて」


など、指示を出し、元から与えられていた知識を駆使してAIは仕事をこなす。


この感じだと、受身的な仕事は確かにAIにバトンタッチしていくでしょう。


そこで、私たち人間はこれから何を仕事にしていくのか


雑誌の特集で言っていたのは、

AIにはできないことを仕事にしていく」。



具体的には、

創造することや、身体的・感情的なこと。


0から何かを生み出すことや、

ホスピタリティが求められるもの、

といったもの。



特集で挙げられていたのは、

介護系やサービス系、海外とのやり取りなど。

どれもクリエイティブで、感情なしではできないことね。



このように、AIが発達しても、

私たちにはまだまだできる仕事が山ほどある。

むしろどんどん人間の誇るべき、「考える」という力を使っていく時代を迎えると思うわ💋

また、私はややこしくも愛おしい、「感情」というものも大切に、そして良い方向に活かしていけたらもっと素敵になると思うの☺️✨人の思いやりある行動は、感情をもって、生まれると思っているから。




人間にしかできないこと、

そして個々にしかできないことはまだたくさんあるわ。


ただ、今は見つけられていないだけ。

私も「クリエイティブじゃないから」と思考停止していたけれど、今回の特集を読んで、


まずは、問題提起し、できる・できないを考えず、その解決法を自由に考えてみよう


と思ったわ🤗



自由に考える。

これって私たち人間にしかできないことよ😉

その矛盾が成長をさせる力を失わせる

「聞け」と言われ、「聞くな」とも言われる世の中



「なんでそうしているの?」


という問いに多くの人は、



「伝統だから」

「親に言われたから」

「周りがそうだから」

「教科書に書いてあったから」



と答える。


つまり、

自分の意思ではない、または、意味がわからずやっている。




私は中学の頃に、問題を解いている時に出てきた円周率がなぜあんな数字になるのか、疑問に思って先生に聞いてみたの。


そしたらそれには答えず、


「とにかくやれ」

(ここでは目の前の問題を解けってこと)


とだけ言われたわ🙄



先生なのになぜ答えてくれないんだろう?

疑問に思っちゃいけなかった?



頭にはてなマークを残しながら、言われた通り目の前の問題を黙々と解いていたわ。



もちろん、問題を解いた後にも聞いてみたけど、

「そんなこと、考えなくていい」

と一蹴されてしまったわね。



わからないことは質問すること。



大人にそうやって言われてきて育ったのに、

いざ質問すると嫌そうな顔をされたり、

「わからない」と言われる。



子どもながらに「矛盾してない?」とイラつきさえしたものよ。





そしてそれは、

そのまま社会にも引き継がれている。



店員として立っているのに、

そこで販売している物もわからない。



仕事のやり方を教えてもらい、

「なぜその作業をするのか」

必要性を問うても、「とにかくやってくれればいいから」とヘラヘラ笑いながら流される。



そう、相手だってわからないのだ。



というか、「あーそうですか」と

思考を停止し、そのままを受け入れている。



その意味を考えず、

なぜ必要なのかを考えず、

とりあえず言われたからやろう。

そんな調子なのよね。



よく言えば従順なのかもしれない。


けれどこれは自ら考えるということを失くし、成長を止める行為ではないのかしら?



疑問に思い、調べて(知って)解決する。

それにより人は知識を蓄え、次のステップアップに繋げていく。



「人に言われたから」と流され、

なんとなくやっている。

これは、「自分」というものを存在させないこと。その他大勢に過ぎないのよ。




その他大勢であることを"選択"するなら、

それは自分の意思だからいいと思う。


でもそうでなく、「考えずにやっている」のであれば、

いつまで経っても、自分の人生充実できないんじゃないかしら💋



自ら考える。

答えを求める。

そのために行動する。



これこそ、「人生を歩む」ことであると、

私は思っているわ💋✨✨

気づいたら付き合って7年目。


"頭痛"という相棒と過ごして7年目。



未だに彼の正体がわからない。



いつもは静かに過ごしているのだけど、


長時間パソコンに釘付けになっていたり、

集中していたり、

悪い姿勢のまま座ってたりすると、


機嫌を悪くして構ってほしいのか、

私の頭の中をドタドタ駆けずり回るの。



宥めるために、パソコンから目を離したり、

薬を渡したりするんだけど、

ほとんど効果がない。


「そんなんじゃ、振り向いてやらないんだからっ」


と無視してじわじわと私を追い詰めてくる。




最初のうちは、薬に頼り、彼の精神安定剤としていたが、慣れてしまい、効かなくなってから、いつもこんな調子。

まるで飲んだくれのように、毎日暴れることもある。

でも私が構ってやると、落ち着いてぐっすり眠ってくれたり、どこかに出かけてくれたりする。



危なげな彼だけど、相棒なのよ、付き合っていくしかない。



最近、また彼が頭の中に帰ってきた。

旅先で私が恋しくなったのかしら?😌



旅先での思い出話を聞くからさ、

どうか落ち着いて。

大丈夫、私は目を閉じ、横になってあなたに集中するから。



彼を宥める日々がまた、始まる予感

初期ダイエットあるある

ダイエット開始〜1ヶ月以内のあるある



・ダイエット開始宣言した初日に、お土産を買ってくる身内

(しかもその日中に食べなきゃならないケーキとかナマモノ。せっかく買ってきてくれたし、初日だからと心が折れやすい)



・筋肉がつき始め、脂肪がまだ燃焼されていない時期に差し掛かった時に「太った??」と聞かれる

(説明しても、「でも体重は増えたんでしょ?」と言われ、ギリィ……)



・友達からの誘いの増加

(なぜ今!?ダイエット中だからって言うと、すごい気を遣われる……というか目の前で美味しそうに食べられるという一種の拷問)



・食材買う時についつい見るカロリー

(筋トレ初めてからはタンパク質、脂質、炭水化物にも注目するようになったわよ!)



・料理ワンパターン化

(同じような物ばかりだからとレシピ増やすが、結局落ち着くものだけのエンドレス)



・なぜか増える食費

(今まで安く、栄養バランス偏りまくりの物を食べていたせいか、体に良いものを取ろうとしたり、料理しようとすると、食費が増えたように思える現象)



・探しまくるスマホ待ち受けダイエット系画像

(「食うなブタ」とかの暴言系、好きなアイドルのセリフで自分励まし系、なりたいスタイル系など。私はマッチョ系)



・体重が1キロでも減るとすごくテンション上がる

(3キロからが本番なのに、やはり少しでも減ると喜んじゃう単純奴)



・ダイエット中だと話すと「何キロ痩せた?」と聞かれる

(いやまだ始めたばかりだって~~~~!!!!)



とまぁ、私の今までのダイエット経験だとこんな感じだわ。

始めて間もない頃は、結果も出づらいし、誘惑に負けがちだしでなかなか難しいわよね😔


周りのことなんか気にせず、自分で決めたダイエット法を貫いてお互い頑張りましょ!✨✨✨

ちなみに私は片手ダンベル約6kgになったわよ!💪汗もかきやすくなって代謝よくなったっぽい♡


伝わるよりも、伝えようとすることが大事

伝えようとする気持ちがまず大事。




母がトラベル英会話を学べるアプリを導入し、なかなか難しいと私にやらせてきたわ💋



レベル別でジャンルも様々あるようだった。

その中の文法問題(多分一番優しいレベル)をやってみたわ。(というか渡された時に既にそれだった)



表示されている英単語からいくつか選び出し、順番に並び替える問題。


内容は道を聞くとか、写真を撮っていいかなどの、トラベル英会話と言ったらこれ!的なものが多かったわね😌



私は中学の時に大好きで勉強しまくった時の記憶を頼りに、解いてみた。

すると1ミスで済んだわ!(内心ホッとしたわ(笑))



私が問題を解いている間、

母は横から覗き、わからない、など呟いたり、質問してきたりしたので、その都度教えてあげていた。




解き終わると、

「すごいね〜」と褒めてくれたわ。


私は受け止めつつ、「でも、このレベルのなら、中学英語で十分だから簡単よ」と微笑んだの。


でも母は遠い目をして

「道のりは険しいわ

と呟いた。



その時に私はこう言ったわ。



「文章を覚えようとしなくてもいい。まずは単語を11語覚えるだけでいい。

それだけでも伝えたいことは大体わかったりするものだし、相手の言いたいこともなんとなくわかるもの。

あとはジェスチャーよ!」




まぁ要は「伝えたい」って気持ちが大事よってこと。



私だって、英会話完璧じゃないし、

むしろ全然話せない方だと思ってる。



それでもたどたどしい英文法で、

海外の人と意思疎通を図ったりしたことはある。



伝える時、


「間違ってる発音や文法で、聞き返されたり、笑われたらどうしよう


とよく不安になったわ。



でも、話しかけてくれた人に応える時や、

聞かなきゃいけない時は、

そんな不安よりも「どう伝えれば伝わるかな?」とそっちの方に必死になっていたわね。



「伝えなきゃ、前には進めない」



旅行に行く度にそれを思い出すわ。




それに、結構相手は必死に伝えようとしてる私たちのことを理解しようとしてくれるものよ?



もちろんこれは、言語に限らず、

日常生活の中での意思疎通全般についても言えることよ😉



勉強よりも、まずは伝える勇気が必要よ💄💋✨

岡崎律子さんの歌がいつでも流れる


フルバは漫画連載当時大好きな漫画の一つだったわ💋✨✨✨



そして今、作画や声優さんも変えて新たな「フルーツバスケット」としてアニメが放映されている。



その3話を見た感想。




おにぎり、登場。




なんで主人公の透ちゃんはおにぎりに例えられるんだっけ?とアニメを見ていて思っていたのだけど、

今回でやっと思い出した。



このおにぎりって、人の優しさを表しているの。



人によっておにぎりの形は違う。

それに具だって違う。



人の優しさはそれぞれで、

それは見えるものではない。



だから、自分自身もその優しさに気づかない。



「こんな何もない私なんて……

と、一見塩むすびに見えるおにぎりでも、

ちゃんとその背中には美味しい梅干しがくっついている。



でも背中だから、自分には見えない。気づかない。



それを知るには誰か他人に指摘してもらうこと。他人に気づいてもらうこと。




「あなたには、こんなに素敵な優しさがあるのよ」



いちいち言わなくてもと思うかもしれない。


でもせっかくのその人の良さを、

本人が気づいていなかったら?

それで「自分には取り柄なんてない。優しくなんて、ない。」なんて落ち込んでいたら?



その気づきが、声掛けが、

誰かの自信になるかもしれない。





………とまぁ、こんな感じのとても良い話なのよ💄💋✨




当時の私は良いことなんだなーくらいに思って、ストーリーを追いかけるのに夢中だったけど、

新たに見返すと、素敵なことが書かれていて、自分たちの人生にも大切なことだなと気づけるの。



やはり、物は二度以上読んだり見たり、味わうものね😌

初めてだと気づけないことがたくさんあるわ。



フルーツバスケットは、絵のタッチも見やすく、声優さん達も合っているので、

ぜひ一度見てみてね♡


恋愛は自分に目がいきがち。

「好きでもないのに優しくしないで」という自分勝手な解釈



恋は盲目、と昔から言うけれど、

上の言葉を聞いて、別の捉え方が出てきた。



以前までは、好きな人のことしか目に入らないし、悪いところも見えない、な状態だと思っていたけど、


これって、「自分に対しての好きな人」しか見えてなくて、「他人に対しての好きな人」が見えていない状態でもあるのよね。



好きな人が自分に対してしてくれたことは、受け入れるけど、

他人に対しての接し方は見ていない。

というか「見ていない」。



だって、自分の恋人になって欲しいだけなんだから、好きな人が他人に対してどう接しようが、自分には関係のないことだから。



確かにそう思っている人もいるのかもね。



そして恐らくそんな人たちが思っているであろうことが、

冒頭に書いた「好きでもないのに優しくしないで」という何とも身勝手な考え。



ええ。

確かに私も青春時代はよく思いましたわよ。

「優しくされると勘違いするじゃない///」みたいなことを思ってましたわ、少女漫画に憧れていた私は😎


ごく一部の計算してわざと優しくしている人を除いて、

大半の人は「いや、別に恋愛感情ある無し関係ないでしょ」と思っていることでしょう。



これに気づけたのは、Twitterで活躍されている「もちぎ」さんというゲイの方が、実体験として漫画で描いていた話の一つでのこと。

告白してきた人に「好きでもないのに、なぜ優しくするのか」と聞かれ、もちぎさんが返したのがさっきの言葉。


損得勘定みたく考えて優しくしているんじゃない。

自分のしていることが、「優しい」と解釈されているだけ。


「好きな子だから、特別に♡」っていうのもあるとは思うの。

でも相当わかりやすく区別していない限り、

それはその人の本来の性格・優しさからきているものなのよね。



実際に冒頭のような言葉をぶつけられても、

相手は「はぁ?身に覚えがありませんが?」ってなるのかもね。



そう思うことが悪いとは言わないけど、

それを相手に押し付けるのは良くないわよね、と気づいたわ💋